fc2ブログ
03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

自由が丘のマンツーマン美容室 アルーアルー の店長日記

美容室アルーアルーの店長 中原幸信のつぶやき日記です

 

孫のカットと開聞岳登山 

3月のはじめ 

長男家族が住む鹿児島県の指宿に家族で行きました


 2404192.jpg

 


妻は 孫が生まれたあとに来たことがあるのですが

私は初めて

 


孫が丁度1歳になる前のタイミングで

息子からファーストカットをたのまれ

この仕事をしていてよかったと思うことが

また一つ増えました

(ギャン泣きされましたけどね・・・)

 

 

2泊3日

美味しものもいろいろと食べられ

指宿の生活が見れてよかったのですが

せっかくなので鹿児島といえば開聞岳登りたい

 


<以下ヤマップでの説明>

『鹿児島県薩摩半島最先端に位置する開聞岳(標高924m)は、

標高1,000mに満たないが、日本百名山に選ばれている。

錦江湾の入口、海門にあることから、

「かいもんだけ」と呼ばれるようになった。

均整のとれた円錐形の美しい山容から「薩摩富士」の別名もある。

登山口から山体を一周するようにらせん状の登山道がのびているが、

標高差があるだけに、

思いのほかきつい登りを強いられる。

山頂からの大パノラマは圧巻で、

九州最大の池田湖や長崎鼻、霧島連山、桜島、

大隅半島南端の佐多岬までを望むことができる。』

 


・・・で2日目に登る予定でしたが大雨

帰る日の3日目 予報は曇り(小雨)から回復傾向

早朝なら飛行機に間に合うだろうと

夜明けから登ることに

 

 

3時起きで4時ころ息子の家を出て

途中のコンビニで朝食をすませ

5時過ぎ 無料駐車場につき支度して登山口まで


2404191 (5)

 



・・・とはいえ 真っ暗で登山口まで歩くのに

ヘッドライトの明かりだけで 

まわりの様子がわからず少し迷ってしまい

540 やっと登山口(2合目)に到着し 登山開始

 

 2404191 (6)

 

当面は細かい砂利状態 前日の雨もあり

締まっているというより 砂浜を歩いている感じで歩は重い

先行者はいなそう

 

登山道は迷いようのない一本道なので安心


ただやはり鹿児島 

前日の雨のせいもあるけど気温と湿度はいつもと違う


少し前に雪の上を歩いていたのとは大違い

亜熱帯の山を歩いている気分


 

 

道はほとんど樹林帯

植生もいつも見る木々とはちと違うのですが

おかげて小雨降っていたのですが

ほとんど濡れないで歩けました

 

2404191 (7)


 

630 5合目

既に明るくなり ヘッドライトもいらなくなります

少し開けていて

思ったよりガスってなかった

 

2404191 (8)



 2404191 (9)



5号目すぎると 少し岩多めになります


 2404191 (21)


 

岩が濡れているので 滑らないよう注意


 2404191 (10)

 


2404191 (11)



2404191 (22)




2404191 (23)




735 8号目通過


2404191 (12)

 


8号目からさらに岩の急登感強くなります

 

 

疲れてきたらストレッチも忘れずに

 

2404191 (13)



750 9号目通過


2404191 (24)



2404191 (14)


 

2404191 (25)



2404191 (15)



2404191 (26)

 


820 開聞岳山頂 貸し切り~~~!!

 

2404191 (16)



9時までに登ればと思っていたのでいいペースで登れました

山頂は広くありません

 

2404191 (17)


幸いガスも少し抜けて景色を楽しめました

(多分この後登った方は真っ白だと思います)


 2404191 (18)

 

830 頂上 景色も楽しんだので下山開始

 

下の方に降りてくると大分ガスっていました

下山中は 多くの登山者とすれ違いました


あの人数が山頂だと・・・だいぶ渋滞だな・・・

 

2404191 (19)


登りで暗い中歩いているときは分からなかった

登山道の感じや景色が見えて

「こんな道だったんだね~」


 2404191 (29)

 


2404191 (30)



1015 登山口無事到着


2404191 (20)

 

久しぶりに汗だくになりました


朝2台しかなかった駐車場はほぼ満車状態

案内所で登山バッチ買って帰りました


帰りに開聞岳を望むと 山頂部は雲の中

丁度いいときに登れたのかも・・・

でも 雄大な 開聞岳も見たかったな・・・

 

 2404191 (3)



登山系ユーチューバーのかほさんが

最近開聞岳動画出していたので貼りつけておきます

登山道の感じがわかるかな





帰宅し シャワーでさっぱりさせてもらい

次男も長男と砂蒸しに行って帰ってきたところでした

 

お昼ご飯も皆で食べられて 私と次男は無事飛行場へ

 


晴れていれば 息子のバイク借りて

海岸線でも走りたかったな・・・なんて思いつつ

楽しい鹿児島旅行でした

 

 

 2404191 (4)

 

 


 

スポンサーサイト



Category: 山歩き

tb 0 : cm 0   

反省多かったけど景色優勝!雪の三ツ峠(開運山) 

2月の終わりに山梨県の三ツ峠(開運山)に行きました。


2404051 (2)



三ツ峠とは 

開運山、御巣鷹山、木無山の3つの頂上の総称ですが

最高峰である開運山を指すこともあります

 


以前から行きたかった山ですが

この時期けっこう積雪もあり


山頂まで一番近いルートの

三ツ峠登山口バス停までのバスは

登山当日も凍結のため運行されていなかったので

河口浅間神社からのピストンを予定しました。

 

 

もうひとつ 

ニューアイテムの10本爪軽アイゼンを試してみたかったので

それなりに積雪のある三ツ峠を選びました。

 


5:00前に家を出て 電車を乗り継ぎ大月駅まで


 

700 大月から富士急行線に乗るのですが


ホームに「リサとガスパール」の電車が止まっていて

子どもたちに絵本も買っていたので妻も私も大興奮。


 2404051 (16)

 


2404051 (17)



天気は快晴


河口湖駅では 富士山がドンとお出迎え。

河口湖駅からバスに乗り河口浅間神社近くの

河口駐在所バス停で降ります。


2404051 (18)


 

830 河口浅間神社で登山の支度

 

2404051 (19)



850 支度をすませ まずは登山の安全を祈願し登山開始

 

2404051 (21)



まずは「母の白滝」を目指します。


2404051 (22)

 


登山道に入ると うっすら雪


2404051 (23)

 


935 「母の白滝」到着

 

2404051 (24)



本当は「天空の鳥居」を見たかったのですが

後でルートを間違っていました・・・。


 2404051 (44)

 

 

滝のあたりから 雪も凍っている個所があるので

チェーンスパイク履きました。


 2404051 (45)

 


たまに富士山も見えます。

 

 2404051 (46)



積雪はそうでもないのですが

ずっと登りなので 少しずつ妻は疲れ気味

 

2404051 (25)



2404051 (26)



でも途中に見える富士山の絶景は元気くれます!

 

2404051 (27)



2404051 (47)



1100 ここの登山道に入ってから急に積雪量が増え

一歩一歩が重くなります。


2404051 (28)

 


2404051 (49)



トレースはあるのですが このルートの登山者が少ないよう

固められてはいませんでした。


2404051 (48)

 

 

妻の体力も心配なので 

途中で無理そうなら引き返そうと思っていました。

 

30分ほど登ったところで 下山して来る男性一人

「こんにちは 雪は頂上までこんな感じですか?」と私


「そうですね・・・このあと急登になるから・・・

今日このルートあまり歩いてないみたいですね

それにしても今日は大当たり!!山頂は絶景ですよ!!」

と興奮気味に話された。

 

 

下山日没時間を考えると

マックス1300までにはどうにか山頂に着きたい・・・が

地図を見るとまだ距離はあるし・・・急登か・・・


どれくらいの積雪で どれくらいの斜面か・・・

妻の体力がもつのか・・・


時間も体力的にも無理そうなら撤退しようと決めて登り始めた。

 

2404051 (29)

 

 

・・・そうして歩いている間にもすでに妻つらそうである・・・

 

軽アイゼンは下りでつけようかと思っていたのですが

地図で斜面が急になりそうなところで

少しでも踏ん張りがきくように

10本爪軽アイゼン装着することにしました。


2404051 (30)

 

 

やはり10本爪は軽アイゼンとはいえ快適

こんなにしっかり雪をつかんでくれるなら

もう少し早く着ければよかった・・・と少し反省



 2404051 (50)



装着も少し休憩になったのか

行動食で栄養補給もしつつ 妻も少し回復



2404051 (51)

 


・・・でも そろそろ限界かな・・・と思った頃

木々が少なくなり まさに「木無山」



2404051 (52)

(そろそろ妻・・限界・・・)

 

 

1250 木無山登頂


 2404051 (31)

 


ここまで来れば もう大きな登りはないので

次の開運山を目指します。

 

2404051 (53)


 

木無山から三ツ峠山荘までの雪が

この日一番積雪があったエリアでした。

 


2404051 (54)

(斜度がなくなると妻少し元気に)

 


1300 三ツ峠山荘到着


2404051 (32)



2404051 (1)

 


そこから四季楽園(山荘)を経由して

開運山へ


2404051 (33)

 

 

1330 開運山登頂


 2404051 (3)

 


2404051 (34)


本当は 御巣鷹山に登って三ツ峠制覇なのですが

時間がないので今回御巣鷹山は断念

 

 

ルートも ピストンの予定でしたが

浅間神社に下山しても バスの時間が合わず

時間をつぶすところもなさそうだったので

距離は長くなるけど河口湖駅まで降りる方に

ルート変更することにしました。

 

 

下山も時間がかかりそうなので まずは エネルギー補給

1430に下山開始すれば日が落ちるまでには

駅に着く予定。

 

 

四季楽園でトイレ借りようと思ったのですが

故障して使用できないとのことで

三ツ峠山荘に戻り そこでトイレを借り

三ツ峠山荘前のベンチで 富士山見ながら食事もとれました。


2404051 (4)



2404051 (35)

 


2404051 (5)


三ツ峠山荘のトイレは 山荘の中にあり

一回200円 

バイオトイレでトイレットペーパーは一緒に廃棄できます

利用後 赤いボタンを押すと中の機械が動いてかくはんします

匂いもなく とてもきれいにされていました。



山荘のご主人に妻が「どう来たの?」と聞かれ

浅間神社からです」と言うと「それは大変だ・・」

 

 


1430 下山開始


2404051 (36)



 2404051 (6)



2404051 (7)



下山も積雪がありますが

道はなだらかで歩きやすいし 

こちらのルートの方が

登山者も多いので しっかり固められていました。


 2404051 (8)

 


登りのことを思うとだいぶ楽に歩けます。


 2404051 (9)

 


2404051 (37)



2404051 (38)



日も傾いてきて

本当は下山完了予定だった時間ですが

妻の体力も回復して


少し気持ちの余裕もあり 夕日の雪道を歩くのも

とても気持ちよかった。


 

2404051 (10)



2404051 (39)

(今回は この軽アイゼンに大分助けられたな・・・)



2404051 (11)



2404051 (40)



1700 ロープウェー乗り場まで降りてくると

雪も急に少なくなり 

少し下ったところで アイゼンを外しました。


2404051 (41)


 

 2404051 (12)


もうこの日は 一日中富士山を見てお腹いっぱい!

景色は 本当に最高な一日でした

 

 

1730 舗装路に出ました。

 

1750 河口湖駅無事到着


 2404051 (42)

 (丁度駅に着いたくらいから暗くなりました・・・よかった)



「登山は3時半終了」が基本

今回の山行は 妻の積雪での時間と体力の消耗を

もう少し考慮すべきだったと反省する点が多かったのですが

その反面 とてもいい景色の中を歩けたのは幸せでした。

 

まさに「開運山」だったのかな。

 

また違う季節 違うルートで来てみたい山でした。

 

 

2404051 (43)

 

 

 

 

 

 

Category: 山歩き

tb 0 : cm 0   

行きたかったクライミングパーク「ストーンマジック」で岩稜登攀の練習 

2月の半ば 天気がよくないので以前から行きたかった

相模原のクライミングパーク「ストーンマジック」に。



2403171 (2)


 

ここは 東日本最大?のクライミングパークで

他ではない「アルパイン」という
アルプスなどの岩稜登攀の練習が登山靴でできる

オリジナルのアルパインピナクがあります。

 

 

オープンは1300なのでそれ合わせて。

 

 

入会金は 夫婦ともここヘリに入っているので無料

火曜日はシニアデーで割引でした(・・・)

 

 

クライミングシューズなどは持参したので

ハーネスだけ借りました。

 

 

まずトップロープエリア

ビレイを教わり練習します。

 


 2403171 (1)



壁もいつも行くボルダリングジムより高いので

緊張するし

なによりトップまで行き

降下でビレイヤー(妻)を信用して両手を離す時が

一番緊張しました。

 


2403171 (3)


 

2403171 (4)


 

トップロープエリアで 何度か登ったあと

登山靴に履き替えて アルパインエリアに。



2403171 (5)

 

 

最初 妻が登りましたが

途中で「高いっ!」「怖いっ!」「無理っ!!」

と降りてきました。

 

 

確かに 頂上付近は 下で見るより高度感があります。

(貼りつけた動画で見てみてください 少しは伝わるかな・・・)

 



 

実際のアルプス岩稜帯の高度感はこんなものじゃないと思いますが

私は 何度か登って楽しめました。

・・・私も高所恐怖症なんですが・・・。

 

 

今回 ボルダリングエリアは利用しなかったのですが

次回はそちらもトライしてみようと思います。



Category: 山歩き

tb 0 : cm 0   

東京で積雪の2日後 陣馬山から景信山スノーハイク! 

2月のあたま 東京でも積雪があった2日後

せっかくなので雪の高尾山でも行こうかと思っていたのですが

前日のヤマップの活動日記を見てみると

どうも高尾山の雪は山頂以外大したことないらしい・・・


高尾方面か塔ノ岳か奥多摩か・・・。

車はスタッドレスではないので公共交通機関利用。

 

奥多摩は青梅線が不通。


塔ノ岳(大倉尾根ルート)は行けそうだけど

妻が雪のないときの経験もないし積雪では体力も消耗する


高尾方面は JR高尾からバスが出ていれば
小仏や陣馬高原に行けて コース変更もいろいろとできるので

今回は 陣馬山から景信山の縦走をメインルートにして

もし交通機関で問題があれば変更することにしました。

 


 2403121 (2)

 

 

JR高尾駅からバスは通常運行していて

820 陣馬高原下バス停につきました。

 

2403121 (28)


終点の陣馬高原下で降りるのは登山者のみ

私達含めて78人ってところでした。

 

バス停のトイレも普通に使用でき

ゲイタ―つけて


840 スタート。


2403121 (11)

 


登山口までの道は 半分くらいまで除雪されていましたが

後半は まだ作業中でした。・・・ありがとうございます。

 


 2403121 (12)

 


910 登山口に到着 

ここでチェーンスパイク履いている人もいましたが

私達は そのまま履かずに行きました。

(結局 途中の登りで滑るようなら履こうと思っていたのですが

山頂まで履きませんでした)

 

2403121 (13)

 


前回 陣馬山に来たときは

高尾山までの縦走で 妻はこの登りで大分疲労したので

「陣馬山」には少しトラウマ・・・?

 

なので 水分補給しながら 大分ゆっくりペースにしました。


<前回陣馬山から高尾山まで縦走の記事>


 2403121 (14)

 


2403121 (30)



20分も登れば 暑くなり妻は半袖とアームスリーブ。

家で 半袖か長袖か悩んでいたので 

「半袖でいいと思うよ」というアドバイスは正解でした。



 2403121 (29)

 


・・・でも 前回のように気温は高くないので

疲労度は各段に違うようでした。

 

2403121 (16)


 

雪もそれほど厚くなく

トレースもあるので歩きやすかった

 

 

登山口から30分ほど登って

だんだん積雪が厚くなってきました。


 2403121 (15)

 



2403121 (31)



和田峠の分岐では 今回一番積雪があった感じでした。

 


 2403121 (32)

 


 2403121 (17)



それでも先行者の踏み跡があるので だいぶ楽に歩け

スノーハイクを楽しめました。

 

<インスタの動画>



 2403121 (33)

 





1040 ほぼ山頂につきました。


トイレは 水栓は冬季封鎖ですがポットンは使用可能で

使用済みペーパーは備付ゴミ箱か持ち帰ります。


 2403121 (18)

 


<インスタの動画>


この日は 他のルートからの登山者が多かったようで

意外に山頂付近登山者がいました。




2403121 (1)

 



1050 陣馬山山頂

 

2403121 (4)



富士山もギリギリ数分のタッチで見れましたが 

その後 雲に隠れてしまいました。


2403121 (3)

 


山頂のベンチで 軽くサンドイッチとコーヒー。

 タイベックシート軽くて雪の上でも荷物置くのに便利です。


 2403121 (19)

 


1120 ゆっくりしたのでチェーンスパイク履いて

次の景信山目指します。

 


2403121 (6)



2403122.jpg



高尾山まで続くこの道は

やはり登山者が多く 踏み跡も多いけど

登りの陣馬高原下バス停からのコースの雪の方が楽しかった。



 2403121 (8)



2403121 (7)

 


途中の樹林帯は 雪が解けて雨のように落ちてきたので

妻が雨具を着ないでかぶって歩きました

それが体もザックも濡れずとても良かった。ナイスッ!


2403121 (20)

 


2403121 (22)




・・・でも 景信山手前で妻はだいぶお疲れの様子

・・・でしたが 自分のペースでゆっくり登ってもらいました。

 

 

2403121 (21)

 


1340 景信山山頂。

 

2403121 (23)



2403121 (9)



景色も良く少し山頂楽しんでから バスの時間があるので下山。


1355 下山開始。


2403121 (24)

 

景信山からの下山は初めてでしたが

道は分かりやすい。

 

下に降りるほど 泥べちゃで歩きにくかったのですが

チェンスパ履いているので 

途中の岩ゴロエリアを気をつければ

滑ることもありませんでした。

 

 

1440 とりあえず舗装路に出て登山道終了。


2403121 (25)


ここでチェンスパはずして

あとはバス停まで。

 

 

1450 小仏バス停到着。


2403121 (10)


バス停トイレも普通に使用でき 靴洗い場もあります。

このころ少し雨が降ってきましたが 山では雪だったようです。

1510のバス 30分弱でJR高尾駅まで。

 


お腹が空いたので駅前でそば食べて帰路につきました。

 

 2403121 (26)

 


また 東京で積雪があればまずは陣馬山だな・・・と。

 

今まで 何度か来た陣馬・景信山ですが全く違う景色で

楽しいスノーハイクでした。

 


2403121 (27)





 

Category: 山歩き

tb 0 : cm 0   

妻 奥多摩三大急登六ツ石山チャレンジ! 

1月の終わり 六ツ石山にトレーニング登山


2402251 (15)

 


私は去年 このコースを経験したのですが今回妻は初めて。

前回 私は途中サングラスを落とし奇跡的に見つかったのですが

1.5倍歩いて いいトレーニングになったという思い出のコースですが

これから北アルプスを目指すにあたり

急登トレーニングも必要かと今回のコースを選びました。


<前回のこのコースの記事>


 

コースは 

奥多摩まで電車→バスで奥多摩湖→水根→六ツ石山→奥多摩駅

 

登山口からトウノクボまで急登

あとはゆっくり登って六ツ石山

あとは石尾根の景色を楽しみながら奥多摩駅まで下ります。

 

 

730 奥多摩駅に着き バスに乗り換え奥多摩湖まで

 

奥多摩湖でトイレなど準備し水根バス停まで下ります。

(このコース途中トイレはありません)


2402251 (19)



820 ここから「むかし道」に入ります。


2402251 (20)


 

少し登ると奥多摩湖が見えます。

天気は良い。


 2402251 (8)

 


850 登山口入り口の民家前に到着 

ここで上着など脱ぎます。

私は 下山の泥がいやでスパッツをつけたのですが

この日は 泥より落ち葉がすごく結果的にしておいて良かった。

 

支度して出発

妻も意気込みが感じられます。


 2402251 (21)


 

最初「今日はトレーニングだからストックなしで登ろうね」

と言ったのですが 

序盤からの急登に 妻 早速その辺の枝を杖にしていました。

 

900 産土神社通過


 2402251 (22)

 


この辺からどんどん登っていきます。

 

 2402251 (9)


ひたすら登ります。


 2402251 (10)

 

休みながら・・・登ります。


 2402251 (23)

 


2402251 (11)



940 少し平らなところに出たので エネルギー補給。

作ってくれたサンドイッチとジュース

カツサンド美味かった。

 

 2402251 (24)

 


955 エネルギーチャージしたのでリスタート。

 

2402251 (12)

 


傾斜も強くなってきてひたすら登ります。


2402251 (25)

 


2402251 (26)



2402251 (27)




 2402251 (28)

 


1030 トウノクボ到着

 

とりあえずこれで第一関門突破です。

 

 2402251 (29)

 

トウノクボすぎても当面登ります。

トウノクボすぎてから落ち葉が多くなり歩きにくかった。

 

 

木々の間から富士山も見えました。

やはり樹林帯をひたすら登るより 開けたほうが

気分的にもイイ。


2402251 (32)

 


2402251 (13)


残雪もあったりして。

 

2402251 (31)



 2402251 (14)

 


2402251 (30)



1120 少しお疲れの様子ですが 六ツ石山登頂


2402251 (33)



2402251 (34)

 


2402251 (16)



ここで景色眺めながら残りのサンドイッチいただきました。


 2402251 (17)


 

1145 下山開始。

 

 2402251 (35)



2402251 (36)


この石尾根下りの景色!

御前山を正面に見ながら下っていきます。


2402251 (18)

 

 

2402251 (37)



2402251 (38)



少し道が狭いところも注意して

 

 2402251 (1)

 


今回 唯一登山道で会った白人男性が後ろから来て

先に行ってもらったのですが

少し歩いていると 

どうやらその男性の物らしいネックゲイタ―が落ちていて

走れば間に合うかと走って追いつくと 

よかったその男性の物で

「ドウモ アリガトウゴザイマス」と合掌された。

・・・タイじゃないんだけどな・・・・と思いながら

「ドウイタシマシテ」となぜか私も合掌・・・。

 

 それにしても 

「あのお兄さんどこから歩いてきたんだろうね・・・」と。




あとは 前回嫌だったヌル土エリア

・・・が落ち葉でいっぱいでした。

 

2402251 (5)

 

<インスタで動画アップしました>

 


橋が朽ちたところも注意して通過

(前回私はロープに気付かず橋を渡りました・・・)

 

2402251 (2)

 

<インスタで動画アップしました 3・4枚目>

 


1340 林道に出ました。

 

 2402251 (3)



あとは羽黒三田神社まで下って町に出ます。

 

 1415 奥多摩駅到着


 2402251 (4)

 

靴を洗い 男女別に更衣室があるので着替えてから

 

二階のカフェでビールとカレーでお疲れ様!

(妻はクラフトビールで私はスーパードライ)

コーヒーとバームクーヘンも。

 

 2402251 (6)

 


今回の六ツ石山コース

私はわりあいトレーニングとしては好きなコースなのですが

妻は「急だし!道も狭いし!怖いし!もう行きたくない!」

お疲れの様子でした。

 

 

 2402251 (7)

 

 

 

 

 

Category: 山歩き

tb 0 : cm 0