fc2ブログ
01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

自由が丘のマンツーマン美容室 アルーアルー の店長日記

美容室アルーアルーの店長 中原幸信のつぶやき日記です

 

「人生クライマー 山野井泰史と垂直の世界 完全版」登山しない人に見てほしい 

正月休み新宿に映画を見に行きました。

「人生クライマー 山野井泰史と垂直の世界 完全版」


 

去年秋から登山を始めて 登山系YouTubeをよく見るのですが

そこで知りました。

 

 

正月映画は他に見たいものはいくつもあったのですが

この映画は今回観に行かないと見ない気がしたので

あえて観に行きました。

 



2301141 (1)


 

登山始めたから登山系の映画・・・と思われるかもしれませんが

正直 登山始めたばかりの私から言うと 世界が違い過ぎて

登山系だから見た・・・というわけではありません。

 

 

ただ 始めたばかりの登山というものの 極限にいる人ってどういう人なのか

見てみたかったのは確か。

 

 

映画の宣伝画像は貼り付けるとして

 

 

観た感想は すごすぎてただただ唖然・・・・という感じでしょうか。

 

 




ドキュメント映像は好きでよく見るのですが

大抵 泣きます。

でも今回 涙は出ませんでした。

 

 

 

肯定も否定もしませんが 山も麻薬になりえるんだなと感じました。

 

 

私が初心者ながらに感じる達成感の遠い先にある極限の達成感

それはいつも死と隣り合わせ。

 

 

ただ 映像で見る山野井さんは 淡々としていて

あんな偉業を成し遂げる雰囲気はしないんですよね。

 

 

ただ 映画の中で「冷静な発狂」という言葉でご本人が言っていましたが

うんうん・・・・そんな感じの人だな・・・・。

 

 

 

登山をする人が見る映画・・・ではないことだけは確か。



私自身 この映画を見て感じたのは

もし指が無くなっても 美容師できるのかな・・・

いや できるんだ・・・という感想。

 


超越した人の人生は 自分の常識を変えてくれる

 


何か壁にぶつかっている人が見ると

「悩んでいることなんて大したことないかも」と思えるかもしれない。

 

 

それに 奥さんも登山家で 夫婦ともに手足の指のほとんどが

凍傷でないのだけど

厳しい登山シーンと伊豆の自給自足のような生活と相俟って

それこそ見えないロープでいつも結ばれているような

強固な夫婦感が印象的でした。

 

 

映画を見終わって 妻に一言

「凄すぎる・・・疲れた」「私も・・・」

 

 


帰りに 何年ぶりだろう・・・映画館の裏手にある桂花ラーメンで

太肉麺(ターローメン)食べて帰りました。



 2301141 (2)

 


やっぱり美味かった。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト



Category: 山歩き

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://areudiary.blog.fc2.com/tb.php/450-447fa216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)