fc2ブログ
02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

自由が丘のマンツーマン美容室 アルーアルー の店長日記

美容室アルーアルーの店長 中原幸信のつぶやき日記です

 

妻 初めての陣馬高尾縦走! 

9月半ば 陣馬山から高尾山まで縦走 妻が初めてのチャレンジ


私は今回で3回目。

 

2310093 (2)

 


前回私一人で縦走したのは猛暑の7

それよりは歩きやすい気候にはなったものの


滝汗の妻には まだ苦しい季節かと

今回は 藤野からのスタートではなく

できるだけ距離と負担を少なくするため


陣馬高原下バス停からのスタートにしました。

これで陣馬山山頂まで 約2kmほど違います。

 

 

東京ではアルプス縦走の練習としてまずこの奥高尾の縦走ですが

距離にして20km歩き

また陣馬山からの場合 

陣馬山の急登と累積標高は1000mを越えるので歩きごたえはあります

 


今回は陣馬山から登るので 陣馬山さえ登れば後は

なだらかな道でさほど高低差はありません。

・・・ただ この陣馬山がなかなかです。

 


今回の工程の標高を見てわかる通り

最初登りが一気にきついです。

 

2310095.jpg



 

5時半に家を出て JR高尾からバスで陣馬高原下まで


バスに乗っているのは ほとんど男性シニア登山者56人。

720分くらいに陣馬高原下に到着

 


2310091 (13)


バス停には公衆トイレもあり

トイレは男女共有で 土日には並ぶらしく

調べた時 あまり良いことは書いてなかったけど

平日で人も少ないので問題なかったし

思ったよりきれいでした。



まずは 登山口まで15分ほど歩き

登山口入っていきます。


 

2310091 (14)



2310091 (15)

 (変な顔のオブジェ?)



2310092 (12)


 

2310091 (2)



最初なだらかな沢沿いを歩きますが 


しばらく歩くと陣馬山の急登がお出迎え

 

2310091 (1)



 2310091 (3)




既に 妻は「暑い・・・」と汗が吹き出し

少し登ると休憩。


2310092 (13)


 

2310091 (4)

(明らかに いつもよりキツそう・・・目が・・・)


 

先は長いので急ぎませんが 大丈夫か?と少し心配。

 

 

水分摂りながら 少しづつ登ります。

 


途中で 30代くらいのトレラン男性が下山してきて

どうも足を引きずっている様子。


「どうしました?」と聞くと

登る途中肉離れし あきらめて下山しているとのこと。


靴下の中に500mlのペットボトルを入れて

アイシング代わりにしていたが

「テーピングと湿布ありますか?なければありますよ!」

と言ったが


「大丈夫です!」と何度も言われ あまり強要してもというのと

若そうだしまぁ大丈夫そうか・・とも思ったので

肉離れは テープでぎゅうぎゅう巻にしたほうが

楽なのにな・・・とも思いながら・・・


それ以上勧めず 「気を付けて!」と別れた


・・・がやはり テーピング渡したほうが良かったかも

と少し後悔した。

 

 

 

先ほどのお兄さんにも

「まだまだ先は長いですよ ここの坂すごいですね」と言われたが

その通り 妻の消耗は 思ったより激しかった

 

 

このままでは熱中症になりかねないな・・・と


水をやめてスポドリにしてもらい

(妻は甘いのが好きではないのですが 

やはり最初からスポドリにしてもらえばよかった)


体温上昇も熱中症にになるので

パウチのアクエリアスを2個凍らせて持ってきていた1個を

手拭いで巻いて首にあてました。

(冷凍アクエリ これは本当に持ってきてよかった 救われました)

 

2310091 (5)



これでどうにか山頂まで頑張ってほしい。


2310092 (1)


 

急登はまだまだ続きます。

 

2310092 (2)



 

私はというと

今回は 前回紹介した尾瀬の歩荷さんのYouTubeで見た

歩き方にとても納得し

その歩行練習もかねて丁寧に登っていたのですが

全く疲れず 汗もそんなにかかず

妻から「なんで そんなに汗かかないの!!!」と言われる始末。

まぁ いつもの私のペースよりはだいぶ遅いので

正直今回の山行は 疲れなしでした。

その分 妻のサポートができたかな・・・とも思います。

 

 

 

どうにか急登を抜け山頂までたどり着けました。


2310092 (3)




2310092 (4)



 

2310092 (5)



9:30陣馬山山頂


2310091 (6)



2310092 (6)

(なんとか富士山も)



やはり 山頂は日影がないので 少し景色を楽しんで

明王峠で休憩することに。


 2310092 (7)



2310092 (8)


 

10:15 明王峠到着


明王峠で栄養補給し 少し休憩して

次の景信山を目指します


 2310091 (7)

 

あまり休憩が長くなると 筋肉も冷えて疲れがたまるので

10分~15分程度にします。

 

 

陣馬山を越えれば あとは比較的なだらかなので

妻も元気が少しずつ戻ってきます

 

 2310092 (9)



11:50 景信山到着

景信山で開けた景色を楽しみ

トイレ休憩をしてまた次の小仏峠から小仏城山を目指します


2310091 (8)



2310092 (10)



2310093 (4)



2310093 (5)


 

妻は 小仏峠までは高尾から来たことがあるので

小仏峠からは見た景色もあり

残りも3分の1くらいで より気持ちも楽になった様子。


 2310091 (9)

 


13:10 小仏城山到着


珍しく 小仏城山の茶屋が開いていて

名物のジャンボかき氷も食べたいところでしたが

ここまで来ると もう早くゴールして

温泉入ってビール飲みたいので

茶屋では ラムネだけ飲みました

 

 2310091 (10)

 


2310093 (6)



一丁平を越えて高尾までももう少し

最後の階段を登ると 高尾山頂。

 

 2310093 (7)

 (13:40 一丁平到着)



2310093 (1)



2310091 (11)




1415 どうにか高尾到着!


高尾山頂まで約7時間 約15km 

妻は 登り切った時 精も根も尽き果てる・・・といった感じ・・・。


 2310091 (12)

 


2310094 (2)



2310094 (3)



あとはリフト乗り場まで下り リフトで下山

・・・で 温泉でビール!で本当にゴール!!

 

2310093 (3)



妻も 風呂上り食堂でビール飲んだ時は

「最っ高~~~~に美味しいーーーー!!!!!」と。


2310094 (1)


 

で 無事奥高尾の縦走を終えました・・・

 

・・・なはずでしたが


なんと私が 温泉の風呂上りの脱衣室で着替え途中

ザックに入れていたモンベルの保温水筒を

右足の人差し指上に落とし負傷。

 

風呂上り妻を待っている間に応急処置。

どうにか 骨折はしていないようでしたが

足を引きずって帰った・・・という

なんともお粗末な結果となりました(涙)

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト



Category: 山歩き

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://areudiary.blog.fc2.com/tb.php/471-1d3d759d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)