01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

自由が丘のマンツーマン美容室 アルーアルー の店長日記

美容室アルーアルーの店長 中原幸信のつぶやき日記です

 

表参道のカット3万円の美容室に行ってみた 

いつも髪が伸びるとセルフカットしていたのですが
なかなか後頭部のカットなどが面倒で
今回は久しぶりに美容室に行くことにしました。

以前からブログを見ていた
表参道でカット3万円の美容師。

とりあえず今回は ここにしてみよう。

まず最初に言っておきますが
今回の書き込みは その美容師の技術を
どうこう言うものではありませんし
批評する気もありません。

技術者なんて 多かれ少なかれ自分が一番と思っているし
そうでないとやっられない現実もある。

ただ 「今の自分を超えたい」と
いつも思っていないとやっていけないことでもある。

とりあえず

カット3万円(税込)

確かに高額だが ここ最近の美容界ではビックリはしない金額。
カリスマと言われた人たちは数分のカットで3万近くはすると思うし
比べてはいけないが
ヴィダルサスーンの生前のカットは100万円と聞いたこともある。
日本人で私が聞いたことがある一番高額は25万円。
確かこの人の講習に行ったことがあるが
少し宗教っぽくて 私は苦手なタイプでした。

まずはメールで予約してみた。

以下のとおり

私  「●●様
    はじめまして。
    予約をしたいと思いメールさせていただきます。
    私 男性で48歳 髪は細く 量は少なめです。
    こういう髪でも施術していただけるでしょうか。
    希望日は 3月1日(火) 時間は午前中が希望ですが
    空いていればご都合に合わせられます。
    希望メニューは カットとパーマです。
    カットのみでよろしければそれでもかまいません。
    よろしくお願い致します。
    中原」
先方 「ありがとうございますm(__)m
    カット料金はご確認頂きましたか?」
私   「返信いただきありがとうございます。はい。料金は確認しています。
     カット3万(税込) カット・パーマの場合は
     4万(税込)でよろしいでしょうか。
     よろしくお願い致します。
     中原幸信」
先方  「ありがとうございます。
     カットパーマは4万円です
     1日13時からはいかがですか?」
私   「承知しました。
    それでは3月1日(火)の13:00からでお願いします。
    中原幸信」
先方  「よろしくお願いいたします‼」

以上・・・とこういう感じ。

このやり取りで違和感を感じない人は
ジェネレーションギャップなのかもしれません。。。
通常の私ならこのやり取りで
多分予約は取りやめると思う。

でも今回は好奇心の方が勝りました。

当日 難なくお店につきました。
場所は裏原宿

何気に緊張しやすい私は
久しぶりの美容室に緊張ぎみ。

よく「緊張しやすいんです」とお客様に言うと
「え~~~っ!!ウソ~~っ!!」って言われますけど
特に初めてのお客様が来られる前は
私も緊張しているんですよ・・・実は。

ともあれ たまにお客様の気持ちになることは
とても大切ですね。

店に入り 席につく。

店内はお世辞にもきれいとは言えない。
壁に貼られたタイル一枚一枚に髪の毛がのっている。

彼はここ(鏡の前)に座ってみることはないのかな・・・。
お客様の目線になる・・・ということ。

ブログでは店内にワンちゃんがいるようだったが
その日はいなかった。
犬は大好きだ 実家でも飼っていたし今も実家にいる。

ただ美容室で看板犬としてかどうか お店に犬を置くのは
私個人的には反対である。

特に床に近いところで一日いる場合
細かいほこりが多く いろんな匂いのする美容室は
とても犬にとっては良い環境とは言えないと思うからである。

軽い挨拶話
もちろんすぐに自分は美容師だと伝えた
それも同じマンツーマンスタイルであることも。

カウンセリング 
特にかっちりしたスタイル決めはなく
切っていきながら決めていく感じなのかな。

音楽も雑誌もない店内。
軽い雑談。

美容学校を出て6年間で6店舗移ったらしく
カットは習ったことは特になく独学だという。
美容学校を出て6年で独立か・・・。
そしてこの店オープンして2年。

彼のカット技術に関しては特に興味もないので
カット中は ほとんど目をつむっていました。
技術の大抵のことは 最初のシャンプーで分かります。

カットが仕上がり
「どうですか?」と言われたので
「フェイスラインをもう少し短くしたいと思っていたんですが」と言うと
「この感じでいいと思います」と言われ。
(まぁ 自分で切ればいいか・・・)とも思いOKした。

実際次の日に カットは見える範囲で
我慢できず ほとんどハサミを入れてしまった。

これは技術的にどうこうではなく
スタイルセンスの相違だ。

カット中 「もしパーマをするのならヘアカラーをしているので
だいぶ色が出ると思います」と伝えると
「うちは初めての方には パーマはしないんですよ。
ブログにも書いていますけど」とのこと。
それならそれで 予約の時に伝えてくれてもよさそうなことだが。

程なくしてカットしてワックスつけて仕上がり。
アフターシャンプーはなし。
店に入ってから丁度一時間。

「最後に何か 聞きたいこととかありますか?」と言われたので
「一つだけ聞きたいのですが」・・・と私。

聞いてみたかったことは一つ
「自分が 自分の技術にこの金額払いますか?」

そうすると
「今まで 考えたことはないです。
私が この金額でないと仕事をしたくないからこの値段です。」と。

カリスマ・天才とブログで自ら称する彼のもとに
ブログを見て
多くのお客様が オンリーワンだと信じて
彼のもとに訪れている。

毎日 自らを発信し続けていることは
ここ最近の一番効果的な宣伝であり
美容師というより プロデューサーなのかもしれない。

そのことに関しては
決して否定はしないし すごいことだしすごいパワーだと思う。

いい勉強になりました。

ただ 今回 私は何にお金を払ったのか

技術・・・じゃない
リラックス・・・じゃない
彼への好奇心・・・でもないのか
・・・ただの自分の好奇心・・・。

今回を機に またいろんなサロンに行ってみようと思う。
本当は 落ち着いて任せられる美容室を一軒
いや一人の美容師に逢えればいいのだが。
(火曜日開いている店が少なくて・・・)

あっそういえば トイレを見させてもらうのを忘れていた・・・。
・・・まぁ いいか・・・。

スポンサーサイト

Category: 2016年3月

tb 0 : cm 1   

コメント

気になっている美容院だったのでとても参考になりました。
彼のブログからもプライドの高さを感じていたので、納得する事しきりです…

#- | URL | 2016/11/17 21:47 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://areudiary.blog.fc2.com/tb.php/96-8f4da9ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)